よく耳にするグレーゾーン金利ってなんですか

グレーゾーン金利ってなんですかと多くの質問を見かけます。ニュースなどでたまに見かける単語として多くの人が認識しているのではないでしょうか。しかし、グレーゾーン金利についてはお金を借りている人ですら、詳しいことは知らないかと思います。金利は出資法では29.2%を超えると刑罰となってしまいます。そして、利息制限法では10万円以下の場合には20%、10万円から100万円までは18%、100万円以上は15%までと金利が決められていますが、要件を満たすことで、利息制限法で決められた金利以上の利息を消費者金融は受けることが出来ます。この29.2%以下から利息制限法で決められた金利以上の利息帯の事をグレーゾーン金利と呼んでいるわけです。出資法と利息制限法と2つの法律が混ざってしまったことで生まれた金利なのです。出資法には刑罰が設けられていますが、利息制限法には刑罰が存在しないので、貸金業規制法により、利息制限法を超える金利を発生させたとしても合法としてみなされるので、要件を満たすことで、消費者金融は出資法で決められた29.2%を超えない金利を発生させることが出来るのです。白黒決めることが出来ないので、グレーゾーン金利と呼ばれています。大手消費者金融の場合には多くは18%の金利と設定されているので、グレーゾーン金利で問題を起こすことはありませんが、街の小さな消費者金融やいわゆるサラ金などではグレーゾーン金利でのお金の貸付を行うところもあるので、要注意と言えるでしょう。大手消費者金融などから断られた人などがこのような小さな消費者金融やサラ金に手を出して、グレーゾーン金利で苦しめられることもありますので、これからキャッシングを利用する人には要注意なことだとも言えます。よくグレーゾーン金利で苦しめられる人はグレーゾーン金利の恐怖などを知らずに手を出すパターンがあるので、勉強して、グレーゾーン金利について理解をしておきたい所ですね。