キャッシングを利用する際に保証人は必要ですか

キャッシングサービスを受ける場合に保証人は必要ですか、という質問は多く見受けられます。お金を借りる事なので、シビアな部分であり、そのような心配をすることは理解できます。多くの消費者金融の場合には無担保融資と呼ばれるお金を貸す仕組みとなっており、保証人は不要となっています。銀行のローンなどの場合には保証人が必要な場合があります。キャッシングサービスの場合には保証人が不必要となっている代わりに金利が高く設定されており、最初は18%と高い金利から利用することになります。これはお金を借りた人間が自己破産などをした場合に、消費者金融が共倒れをしないために金利が高くなっており、金利を高く設定することで、元金を早期的に回収をしたい目的があるわけです。ある程度の信用を得ていくと安定した返済能力があることが認められ、金利を徐々に下げていくわけですね。キャッシングサービスにはこのような仕組みで元金を回収する仕組みとなっていることから、保証人がいなくても途中で自己破産など返済が出来なくなってしまっても、高い金利で元金を補うわけです。無利息キャッシングの場合にも同様なことが言えるもので、無利息キャッシングには無利息期間が設けられています。つまり、その無利息期間を過ぎてしまうと金利が発生するのです。そのため、無利息期間内に一括返済が行えるのであれば、無利息となるので、消費者金融からしてみれば得もしなければ損もしない状況だと言えるのです。ただ、レイクやプロミスなどでは初回の利用時のみ30日間無利息期間を設けており、これは最初の1度しか利用できないので、これからお金に困る人がキャッシングサービスを利用しやすい入り口のようなサービスとなっています。そのため、2度目のお金を借りた場合には金利が発生するので、消費者金融からしてみれば、利用者を増やす手段として利用されています。そのため、無利息キャッシングはキャンペーンのようなサービスだと考えていいでしょう。