セキュリティ面に強いジャパンネット銀行の無利息キャッシング

ジャパンネット銀行は、昔からインターネットを活用している人なら知っているかと思いますが、あまり聞きなれない銀行だという人も多いのではないでしょうか。ジャパンネット銀行は日本で最初のインターネット上にある銀行として誕生した背景があり、実店舗が存在しない新しいスタイルの銀行となっています。そのため、キャッシングサービスで下限金利を2.5%に設定していたりと、他の所費社金融や銀行では出来ないことを成し遂げる姿勢もあります。無利息キャッシングサービスに関しては、初回限定で30日間無利息期間を設けており、インターネットを利用してお金を借りることが出来るので、審査時間が最短60分ということもインターネットを使うジャパンネット銀行の特徴の一つだといえるでしょう。たまにキャンペーンで無利息キャッシング期間が100日間になる時期もあり、比較的利用者を増やしたい意図があることを感じさせられます。基本的には、無利息キャッシング中心で利用する銀行というよりも、インターネット上での銀行操作やネットキャッシングと呼ばれる自分の口座へ直接キャッシングが利用できるキャッシングサービスが中心となっています。ジャパンネット銀行の特徴としては、セキュリティ面が頑丈であり、銀行では珍しく、キーホルダー型のセキュリティトークンを用意している銀行となります。セキュリティトークンとはキーホルダー型の機器に一時的に利用できるパスワードを作成してくれるもので、インターネットで、銀行操作やキャッシングの操作などで悪意のある第三者が操作できない状態にするためのものとなります。キーホルダー型の機器は利用者の手元にしかないので、悪意のある第三者がこれを手に入れない限り、セキュリティ面では安心といえます。このようなインターネット操作に関するセキュリティ面の強さも、ジャパンネット銀行の特徴だと言えるでしょう。インターネットで先行してサービスを行っていたことにより、他社にはないメリットが多いでしょう。