初回契約時のみ2つの無利息キャッシングが行えるレイク

消費者金融の中でも知名度が高い消費者金融としてはレイクが挙げられ、CMや広告などで知っている人も多いのではないでしょうか。レイクは新生銀行系の消費者金融となっており、大手消費者金融の一つになっています。レイクの無利息キャッシングサービスは条件が多く、『契約時に初回の借入』だけに決められています。そのため、継続的に無利息キャッシングを行う消費者金融としては不向きな部分もあります。レイクには2つの無利息キャッシングサービスが存在しており、2つとも初回利用時と限定されていますが、『30日間無利息』と『5万円まで180日間無利息』があります。『30日間無利息』は他社の消費者金融や銀行などでも行われていますが、レイク限定で言えば、『5万円まで180日間無利息』が特徴的な無利息キャッシングサービスではないでしょうか。5万円と限定されており、5万円を超える場合には通常金利が適応されるデメリットも存在していますが、180日間つまり半年は無利息になることは大きいものだと思います。多くの人が疑問に感じるポイントとしては無利息期間が過ぎてしまった場合にはどのようになるのかですが、その場合には無利息期間を過ぎてしまってから返済までの期間の利息分が発生することになります。30日間無利息だった場合には31日目から利息が発生し、40日目に返済が完了した場合にも、30日間無利息が適応されるので、10日間の利息しか発生しません。無利息キャッシングサービスは、基本的には初めてキャッシングを利用する人向けのサービスとなっており、キャッシングサービスへの入り口として気軽に利用してもらうものとなっているので、継続的に無利息キャッシングを利用する人にはレイクはあまり向いていないと言えるでしょう。プロミスの特徴としても下限金利が4.5%と他社のキャッシングサービスよりも低いので、利息が発生するキャッシングサービスをよく利用する人向けのサービスとなっています。