無利息キャッシングの審査基準とは何なのか

これからキャッシングの審査を行う人も多いかと思いますが、特に気になる部分としては審査基準ではないでしょうか。特にフリーターや派遣社員など収入の安定さがない人にとって見れば不安材料にしかないものですし、お金が必要な人ほど、無利息キャッシングを望むかと思います。では、現在の消費者金融や銀行ではどのような審査基準が設けられているのでしょうか。審査基準は消費者金融によって大きく異なりますが、基本的には収入が見込めるアルバイトや派遣社員でも申し込むことは可能で、過去に金融事故がない場合には、すんなりと通る可能性が高くなります。最近では、職業の欄に無職と言う項目が登場しており、無職であっても返済の見込みがあればキャッシングサービスを受けることが出来る場合もあります。キャッシングサービスには下限金利と上限金利が設定されており、最初は上限金利でスタートしますが、返済の信用を勝ち取ることで、金利を下げていくことが可能で、最終的にはあらかじめ設定された下限金利にすることも可能です。これは返済の信用がない人が自己破産などで返済不能になった時のために出来るだけ、貸したお金と高い金利を早期に回収を行うことで、共倒れを防ぐ意味合いがあるのです。そのため、審査に通ったとしても完全に信用されたわけではないので、高金利になるのです。このことから、金利が高い消費者金融の方が審査基準が緩いと考えられています。レイクやプロミスなどでは最初にお金を借りる場合に30日間の無利息サービスを行っており、金利も高めに設定されているので、ここは審査基準が通りやすいことでも有名となっています。アルバイトや派遣社員など急にお金が必要な人向けの商売とも言えるので、審査基準が甘く、無利息キャッシングでキャッシングを行いやすい環境を作っているわけです。このように審査基準は基本的に金融事故や返済能力が認められると比較的通りやすいと言えるのです。