無利息キャッシングをリボルビング払いで借りたい場合の注意

キャッシングサービスの返済方法としては一括返済がありますが、一気に多額のお金を返済することって難しいですよね。そこで登場するものとしてはリボルビング払いです。中にはリボルビング払いで借りたいと言う人もいるのではないでしょうか。では、リボルビング払いとは何でしょうか。ここではリボルビング払いについて解説します。リボルビング払いとは、借りたお金の一部を毎月の支払いに分けて返済する方法で、お金をさらに借りても月々の返済額が増えないことが大きなメリットとなっています。そのことにより、月々の支払いの負担は軽減される一方で、さらにお金を借りてもお金を借りている自覚が無くなってしまうのもリボルビング払いの一つの特徴と言えるでしょう。大手消費者金融もリボルビング方式の返済方法を既に用意しており、申し込む際に返済方法として選択しておけば、毎月の返済がリボルビング払いでの返済となります。無利息キャッシングを行う消費者金融でもこのリボルビング払いが採用されており、例えばノーローンの場合だと無利息期間が設定されていますが、再度、無利息期間を設定する場合には完済していることが条件となっています。そのため、リボルビング払いを利用する場合にはノーローンでは無利息キャッシングのサービスを受ける条件の妨げとなるので、注意が必要となります。ノーローンでは完済した翌月に無利息になる条件となるので、リボルビング払いをした場合には危険があると言うことになります。プロミス、レイクの場合には無利息期間は初回の30日間のみに発生するので、この場合にも30日以内の完済が無利息になる条件なので、リボルビング払いを設定している場合は注意しましょう。無利息サービスは一定期間に利息が発生しないことがメリットとなるわけで、無利息期間後に発生する利息に関しては無利息とならないわけです。そのため、リボルビング払いは無利息キャッシングに関してはあまり向いていないことを認識しておきたい所です。