複数の金融機関から借りているのですが、まだ借りられますか

キャッシングサービスを受けている人の中には、複数の金融機関から借りているものの、まだ借りられるのかと疑問に思う人がいますが、結論から言えば、法律に総量規制と言うものがあり、個人の年収の3分の1までしか金融機関から借りることが出来ません。これは、収入を超えたキャッシングを受けることで自己破産するケースが多かったので、このようなルールが設けられることとなりました。これは1つの金融機関に対してのキャッシングだけではなく、複数の金融機関からのキャッシングも含まれるので、複数の金融機関から借りている場合でも個人の年収の3分の1を超えるキャッシングを受けることが出来ません。逆を言えば、年収の3分の1を超えていなければ、複数の金融機関からお金を借りていたとしても、まだ別の金融機関からお金を借りる事が可能と言うことにもなります。複数の金融機関を利用していると困ることがあります。それは借金額の把握です。金利などもバラバラになってしまうことから今、自分はどのくらいの借金があり、月々の返済にどのくらいの金額が動いているのかが分からなくなってしまいます。これは多重債務と呼ばれる事態であり、借金を借金で返す人も多重債務者の中では珍しくない傾向になっています。そのため、消費者金融や銀行では借金の一本化を行うサービスを行っており、消費者金融や銀行が他社の借金を完済する代わりに、他社の借金分の返済を1つの消費者金融や銀行に限定することが出来るので、比較的に借金の把握がしやすくなりますし、金利も1社からの借入となれば把握することが出来るので、多重債務者からの脱出する手段としてよく利用されています。このように複数の金融機関から借りている場合には落とし穴も存在するので、多重債務者と言う立場になりたくない場合には計画的なキャッシングの利用が望ましく、借金額の把握、返済額の把握など借金の管理も重要となってくるのです。