身分証明書は必要なのか、何が身分証明書になるのか

キャッシングサービスを消費者金融や銀行から行う場合に身分証明書は必要かどうか、また何が身分証明書になるかという質問は多くあります。身分証明書の代表格としては、運転免許証や健康保険証が挙げられますが、パスポートも有効な身分証明書として利用することが可能です。外国人の場合には外国人登録証明書も必要となり、運転免許証が今の所、有効な身分証明書として利用されています。身分証明書以外にも利用金額に応じては収入証明書類が必要となり、源泉徴収票や所得証明書の提示が求められるので、利用金額が低い場合には運転免許証などの身分証明書だけでキャッシングサービスを受けることが可能なのですね。最近ではインターネットを使うことで、店舗や無人契約機に向かわなくてもキャッシングサービスの申し込みが可能となっていますが、この場合にはどのように身分証明書を提示するのかに疑問を感じるかと思います。この場合には身分証明書を携帯電話やデジカメのカメラで撮影することで、それをメールで転送するやり方となるので、インターネットから申し込む場合にも本人確認書類の提出が可能となっています。そのため、24時間受け付け可能で、スピーディーな審査により即日キャッシングも可能となっています。インターネットを使うことで、店舗に向かわずともスマートフォンやパソコンだけで申し込みからお金を借りる、返済まで完結できます。電話での申し込みも可能で、その場合には身分証明書をFAXで提示することとなるので、FAXが家にない人でもコンビニのFAXサービスを使うことで、申し込むことが可能となっています。無利息キャッシングを行う場合にも身分証明書は必要な書類なので、消費者金融、銀行のキャッシングサービスを利用する場合には必ず必要な書類として運転免許証や健康保険証、パスポートは必要なものなのですね。そのため、これからキャッシングサービスを受ける人は用意しておきたい書類の一つとなっています。