金利の計算方法が知りたい場合の計算方法とは

キャッシングを利用する人の多くが気になる部分としては金利の計算方法が知りたいと言うことが挙げられます。お金を借りていたとしても金利の計算方法が分からないので、どのくらいの金利が発生しているのか理解していない人も多いかと思います。金利の計算方法として注目すべきなのは金利が今、何パーセントあるのかです。これは消費者金融が提示する下限金利と上限金利というものがあり、消費者金融のホームページや広告などで、6.3%~17.8%と言う数字を見たことがあるかと思います。これは年利と呼ばれる金利の割合であり、数字が低い方が下限金利、数字が大きい方が上限金利となります。最初は上限金利から始まりますが、キャッシングサービスを利用して完済能力が認められれば、徐々に下限金利へと近づいて行く仕組みとなっています。そのため、長くキャッシングサービスを利用して完済能力が認められれば、同じ金額を借りたとしても金利の違いが生まれるので、返済額が減ることになります。計算方法としては『借入残金×年利÷365×利用日数』となっています。年利は1年の利息率なので、1日の金利を計算する場合には365で割る必要があります。この計算からも分かる通り、利用日数が長引けば長引くほど金利と言うものは大きくなってしまうので、短期間での返済が好ましいと言えるでしょう。無利息キャッシングの場合には利用日数は関係がなくなるので、例えば、ノーローンの1週間無利息サービスを利用している場合には利用日数から7日分の数字を引くことになりますし、初回30日間無利息サービスの場合にも30日分の数字を引くことになります。このように無利息サービスを受ける場合には大きな影響力があるもので、無利息期間内に完済をしてしまえば、金利が発生することがないので、元金だけの返済で済みます。これからキャッシングサービスを利用する場合には理解しておきたいポイントです。