金融のプロであるファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーはあまり聞きなれない言葉かと思います。ファイナンシャルプランナーは役職の名称で、主に『生活設計を行う職業』なのです。収入状況や家族構成などを元に、どのような資産運用をすればいいのか、どのような保険に加入しておくべきなのかを教えてくれます。個人での対応としては、保険代理店などにいるファイナンシャルプランナーに相談することが、私たちの生活の中でファイナンシャルプランナーに接する機会になっているかと思います。ファイナンシャルプランナーには大きく2種類に分けられており、企業に所属する者、独立している者に分かれます。企業に所属する者としては営業マンなどで、保険や金融商品、株式、ローンなどの説明に特化した人だとも言えるでしょう。銀行の富裕層にしか使えないプライベートバンキングでも登場することがしばしあり、貯金の今後の使い道や株式の相談、金融商品などをお勧めすることがあります。もう一つの独立している者は小さな保険店に契約して相談を受ける仕事をしていることから、ファイナンシャルプランナーの資格が十分に発揮できる場として活躍しています。このように金融商品、株式、保険、不動産、税金、年金、ローンなどに特化したファイナンシャルプランナーがいるので、人生に関わる資産の運用方法などに困った場合にはファイナンシャルプランナーに相談することをおすすめします。もちろん、お金に関するプロなので、キャッシングなどで借金についても返済方法などのアドバイザーとしての役目も持っており、これから無利息キャッシングを行う人でもアドバイスをもらったり、返済方法や返済計画なども組み立ててくれるので、いい相談役になってくれます。このようなファイナンシャルプランナーのアドバイスはインターネット上でも答えてくれるので、気軽にファイナンシャルプランナーの意見を聞くことも質問をすることも可能となっています。