富裕層に利用されるプライベートバンキングとは

プライベートバンキング。あまり聞きなれないものとなっていますが、金融機関によって提供される富裕層向けの金融サービスや財務相談など、ファイナンシャルプランナーによって資産運用のアドバイスを受けられるサービスの事を指します。元々はヨーロッパの大富豪の財産を安全に保管することが目的で、財産管理がプライベートバンキングの最大の役割となっていました。現在では、大富豪向けの財産管理が目的とされており、資産家であれば、どのように財産を増やすのかを不動産や株式などで増やすためにファイナンシャルプランナーに相談することも可能となっています。そのため、金融機関では資産家がどのように資産を運用すべきなのかを目的として動いています。専門のファイナンシャルプランナーからのアドバイスにより、資産運用、不動産運用、相続、事業の引継ぎなど資産運用のプランを顧客の資産、負債、家族構成を基にオーダーメイドの運用プランを提案してくれます。また、様々な事情に対処するために税理士、公認会計士、弁護士、社会保険労務士、司法書士などの専門家を顧客に紹介することもあります。また、富裕層の子供の進学へのアドバイスなども行われ、予算に応じて海外留学などのアドバイスなども行われるので、子孫の将来に向けての相談も可能となっています。大手金融機関では一定の資産を保有する富裕層に対象を広げており、資産運用を重視する人々へのプライベートバンキングを提供しています。そのため、タンス預金などが多い高齢者などをターゲットとして子孫へ残す資産の管理として大手金融機関などはタンス預金を囲みたい狙いもあるわけですね。デメリット面としては投資に関する部分であり、資産課税や預金封鎖対策に海外に送金することがありますが、海外送金に関しては当局に申告されており、海外で得た利子など報告する義務があります。また、海外に送金する場合は手数料が多くかかり、送金や所得申告の手続きも複雑になります。そのような場合でも専属のアドバイザーによってアドバイスをもらうことが出来ますが、資産運用のために面倒なこともあるのも大きなデメリットと言えるでしょう。