キャッシングサービスの利用で返済が滞ったらどうするべきか

返済が滞ったらどうなるのか。これからキャッシングを利用する人、すでにキャッシングを利用している人の中には疑問に思う人も多いでしょう。つまり、借金の取立てがどのようなふうに行われるのか分からないため、不安を感じるかもしれません。大手消費者金融の場合には、家に押しかけたりといった、イメージするような借金の取立てはありません。1日、2日の返済が滞ってしまった場合には2,3日後に電話が掛かってきます。この時点では消費者金融もうっかり返済期限を間違えてしまったのかも、程度の認識で、それを注意する電話です。しかし、その連絡後1週間も返済が滞ってしまえば、毎日のように連絡が来るようになります。消費者金融側もこれは意図的に返済する気がないと判断し始めるからです。連帯保証人を立てていないことから、どうしても本人から返済を求める動きをし始めることになります。個人への連絡でもダメであれば、職場への連絡もありますし、1か月も滞ってしまえば、直接、家や職場へ乗り込んでくる場合もあります。そのため、返済が滞ってしまった場合には、電話連絡などで返済する意思を伝え、早期の返済が望ましいとされています。うっかり間違えた程度だけでは消費者金融側も大きく出ることはないので、その辺りは特に気にすることはないでしょう。もし、返済する意思がない場合には、信用情報でブラックリスト入りをしてしまうので、クレジットカードを新しく作成することも難しくなり、携帯電話の購入ですらも難しくなってしまいます。そして、消費者金融からの信用も失うことにもなり、別の消費者金融でも情報を共有するので、新たなる融資を受けることも出来ませんし、お金を借りるとすれば町の小さな消費者金融や、絶対に避けたいヤミ金と呼ばれる場所からお金を借りざるを得ないかもしれません。そうならないためにも借金の早期返済を行って、うっかり期限を忘れてしまった程度の返済が滞るミス程度で収めておきたい所です。キャッシングは計画的に利用することが望ましいでしょう。